世界に"日本のモノヅクリ"を発信!

ひたすら良いものをひたすら探し回り
  華麗で ユニークでイカしたそして 使い勝手の良いものを広めます


金箔

金沢の地だけで生み出される芸術

美しいだけではない

金箔は変色や腐食を避けるため、家庭の仏壇や屏風、ブロケードや建物の外観には「不可欠な材料」として重宝されています。

 

 

 

金沢で99%生産

古都金沢で金箔が99%生産される金沢。

長い歴史の中、幕府の金銀統制など、幾たびも産業滅亡の危機が起こりました。

しかし、金沢の金箔への高い技術、気候、水質は全国に認められ、存続し、そのままこの地に定着しました。

もはや99%の箔はこの金沢で算出されます。

 

レアで、希少なアイテムの数々をごらんいただけます。

特長

  •  酸化しない
  • 変色しない
  • 腐食しない

製造工程

【①金合わせ】
金に微量の銀、銅溶かし合わせます。

【②延金】
合金したものを、圧延機で帯状に延ばします。
20回ほど繰り返し、100分の2~3ミリまで薄くします。
これを約6cm角に切ります。

【③澄打ち、引き入れ、打ち前】
金を薄くなるように紙いっぱいに打ち延ばします。
さらに細かく切ってさらに打ち伸ばす作業を繰り返し
10000分の1ミリの薄さに仕上げていきます。

【④抜き仕事】
打ち上がった金を、品質を確認しながら、それぞれ
広物帳(ひろもんちょう)に移します。少しの風や静電気でも
破けたりするほどの繊細な作業です。

【⑤移し】
広物帳に移したを切りそろえます。を切りそろえるのは
竹製の枠です。切り終えたは切紙にのせて終了です。